Zita Tagliata n° 118

南イタリアで「ジータ」とは花嫁を意味しています。実際、このパスタは披露宴パーティーに欠かせないお料理のひとつとなっています。 伝統的にも、その厚さと表面のざらつきが特徴的なこのジータパスタは、茹でる直前、お鍋に入れる前に手で不規則に折るのが定番となっています。 ジータ・タリアータは、調理のしやすさを考慮して、すでに短くなっているのが特徴です。 この形はオーブン焼きまたはお肉や魚介類を使った濃厚なソースやお野菜、さらにはペコリーノやプロヴォローネ、カチョカヴァッロなど香り高いチーズと合わせると美味しくお召し上がりいただけます。 さらに、このジータ・タリアータは、パプリカやナス、ズッキーニなどのお野菜をトマトソースに加えたベジタブルソースとの相性も抜群です。 500 gパッケージをご用意しています。
  • 茹で具合 : 茹で具合 11 分 min -アルデンテ茹で時間アルデンテ 9 分 min
Zita Tagliata n° 118
play

私たちのメソッド

小麦を挽く工程から皆様の食卓まで、すべての工程に気配り、ていねいさ、経験、そしてクオリティを込めました

小麦の精選

最高品質の原材料を選ぶことは、特別なパスタを作るための最も重要な第一歩です。
grano

挽砕

ニコラ・ディ・チェコが自分の粉ひき小屋で「この地方で最高の小麦粉」を生産していた1831年から約2世紀の間、私たちは製粉業者として事業を展開してきました。現在のなお、パスタ製造工場のすぐ隣の製粉工場で小麦の挽砕を行っており、常にいい香りに包まれています。
molitura

生地の生成

「清らかな水」と「15℃以下での生地生成」が、原材料をより引き立てるパスタを作り出すキーワードです。
impastamento

成型

ダイスによってパスタが成形されるのであれば、さまざまなパスタソースに絡む独特な多孔質をパスタにもたらすのはブロンズの仕事です。これが、私たちが受け継ぎ、守り続けられるべき方法として選んだ方法のひとつです。誇り高く
trafilatura

乾燥

私たちのパスタのもうひとつの秘密は、時間をかけたゆっくり乾燥と低温です。小麦の触感をそのままに残すことができます。
essiccazione



それはまたあなたに興味があるかもしれません

Rotelle n° 54

20世紀初頭、パスタの形もまた、ラジエーターや時計針など、機械や自動車産業の世界から様々な影響を受けていました。 ロテッレもまたこの流れで誕生し、放射状に丸く、その外側には溝が刻み込まれた形のパスタです。 お肉を入れても入れなくてもトマトソースベースのパスタ料理に最適で、さらにブイヨンスープやミネストローネに入れても美味しくお召し上がりいただけます。 様々なお野菜を入れたカラフルなパスタサラダにもお使いいただけます。 500 gパッケージをご用意しています。
もっと知る