ハーブをきかせたチンタ・セネーゼ豚肉と青りんごの pappardelle di semola(パッパルデッレ・ディ・セモラ)

  • 4 人数
  • 0
    難易度


調理方法

子豚肉をブーケガルニ、にんにく1片、エクストラバージンオリーブオイル、白ワイン、ローリエ、ジュニパーベリー、クローブに前の日の晩から漬けておく。キャセロールにオイルを入れ、大きめに切った野菜と子豚肉を軽くきつね色になるまで焼く。白ワインを回し入れ、アルコールを飛ばす。ブイヨンスープを少し足しながら約40分弱火にかける。火を消す5分前に別のキャセロールにオイルを入れ、サイコロに切った野菜を入れ、ブイヨンスープを足しながら10分煮る。小さく切った子豚肉を加え、煮汁を漉す。小さく切り、皮と種を取ったトマトを加え、5分火にかける。その間、フライパンにオイル、にんにく1片、ローズマリー1枝を入れ、子豚のロースに焦げ目をつける。180°cのオーブンで15分焼き、暖かいところで休ませる。キャセロールにオイルを垂らし、サイコロに切った青リンゴを手早く炒め、最後に塩少々で味つけする。パッパルデッレをゆでてよく水を切り、子豚肉のソースの一部で和える。盛り付け温めておいた4枚の皿にパッパルデッレを盛り、上から大さじ1杯のソースをかける。周りにリンゴと子豚のロース一切れを置く。オイルを垂らし、熟成したペコリーノチーズをかける。ハーブで飾る。