capelli d’angelo(カペッリ・ディ・アンジョエロ)、リコッタのなすロール、ラグザーノチーズとバジルオイル添え

  • 6 人数
  • 0
    難易度


調理方法

なすを薄切りにし、コーンスターチをまぶす。なすを筒状に丸めてアルミホイルで包み、たっぷりのオイルで揚げる。鍋で玉ねぎ、バジル、残りのサイコロに切ったなすを炒める。すべてに火が通ったらリコッタチーズを加え、さらに10分火にかけてから塩コショウで味を調えて火を止める。フードプロセッサーでかき混ぜ、卵黄と粉チーズを加える。筒状のなすに具を詰める。その間、長なすの皮をむき、揚げる。サフランを入れた熱湯でゆでたカペッリ・ダンジェロで詰め物をした筒状のなすの周りを囲み、揚げたなすで覆う。このようにして準備したものを200°cのオーブンでパスタがカリッとするまで焼く。トマトソース玉ねぎを軽く炒め、バジル、小さく切ったトマトを加える。にんにくとハチミツを加え、20分火にかける。シノワ(こし器)に通す。バジル風味のオイルバジルの葉とオイルをミキサーにかけたものを裏ごしし、緑色のオイルにする。 盛り付けバジル風味のオイルを皿に垂らし、カリカリになった詰め物入りのなすを置く。トマト、削ったラグザーノチーズを加え、生のバジルを飾る。