{{currentSection }} di {{totalSections - 1 }}
{{ currentChapter }}

私たちのメソッド

結果を出せるかどうかはその方法で決まります。
1886年以降、私たちは妥協することなく、大きな責任と共に、世界中の食卓に、イタリア料理の本当の喜びを運ぶため、毎日努力しています。私たちは、私たちの仕事に対する情熱とすべてに対するきめ細やかな心配りによって作り上げられた古くからの伝統を守り続けています。だからこそ、私たちはいい仕事をすることができるのです。それが#AllaDeCecco
私たちのメソッドを探る

メソッドの誕生

それは、アブルッツォ州らしい情熱、伝統、頑固さからなる物語です。ファーラ・サン・マルティーノにある当社の生産工場は、ずっと昔から壮大なるマイェッラ山脈以下込まれた土地にあります。まさにここで、この地のごとく唯一無二のDe Cecco作業メソッドが誕生したのです。
撮影 © Francesco Ventriglia Campana
小麦の精選

最高のデュラム小麦のみを使用

イタリア国内外で常に最高のデュラム小麦のみを厳選しています。最高品質の原材料を選ぶことは、特別なパスタを作るための第一歩であり、最も重要なステップとなります。これこそが、私たちのパスタと他社のパスタに違いを生み出す理由のひとつです。
小麦の精選

琥珀色のクオリティ

私たちの小麦のプロたちは、デュラム小麦の品質に直接触れることによって原材料を厳選します。この作業は、ファーラ・サン・マルティーノの製粉工場へ送られる前のまだ畑にある状態の時に行われます。琥珀の色と完全な粒の形を見るだけで、一目で品質を把握することができるからです。
小麦の精選

健全第一

畑で厳選された小麦は、健康状態が完璧か、最高品質の基準に沿っているかを調べるため、私たちの研究所で行われる厳格な検査を通過しなければなりません。検査研究員は、粒の純度、外観、さらに物理的・化学的特性を確認します。
小麦の精選

科学と経験の融合

"疑いの余地を一切残さないため、数多くの分析に加え、私たちは、オーナー自らの手で直接触れることで原材料の粘り強さと弾力性をテストするという、古くから受け継がれている儀式を大切にしています。今では複数の小麦の品種が混合され、パスタの特徴となる味、色、そして香りの絶妙なバランスが構築されています。 "
挽砕

自社の粉挽き工場にて製粉します

ニコラ・ディ・チェコがファーラ・サン・マルティーノの石臼を使い、自分の粉ひき小屋で「この地方で最高の小麦粉」を生産していた1831年から約2世紀の間、私たちは製粉業者として事業を展開してきました。この伝統を存続させてきたことを誇りに思っています。新鮮なセモリナ粉を使うため、当社ではパスタ製造工場のすぐ隣に自社の製粉工場を持ち、ここで小麦を挽いています。そのため、パスタ製造工場は常にいい香りに包まれているのです。
挽砕

量より質

挽砕される際、最も中心の貴重な部分を入手するため、まずは小麦の粒の表面を覆う層が剥ぎ取られます。この「中心」を選ぶということが、私たちの粉砕効率が低い理由なのです。つまり、100キログラムの小麦から通常80キログラムまで採れるところ、私たちは約65キログラムのセモリナ粉を生産されます。だからこそ、真の#AllaDeCecco らしいパスタを作り出すことができるのです。
挽砕

「粗い」粒子のセモリナ粉

粒を傷つけないため、挽砕することで私たちは、一般的にパスタを製造するのに使用されるものよりも大きな粒度のセモリナを生産しています。さらに粗粒子のセモリナ粉を完全に調質させるには、手間と時間がかかるのです。
生地の生成

自社水源に湧き出す冷たい天然水のみ

パスタ製造工場の下には、DeCecco®社自慢の水源から引かれている清らかな天然水が流れており、工場内へと続いています。ファーラ・サン・マルティーノでは、15℃以下のこの冷水だけを使ってこのセモリナの調質を行っています。こうしてゆっくり時間をかけて加工することで、原材料をより大切に、貴重なグルテンの格子構造を完全な状態に保存することができるのです。
PLAY VIDEO De Ceccoの源泉 FARA SAN MARTINO - ITALIA
成型

伝統を守り続けることの重要性

ディ・チェッコのペンネやスパゲッティを指でそっと触れてみると、その表面にわずかな凹凸があることに気が付くはずです。これが、ブロンズ製のダイスを使うことのメリットです。急速な技術の進歩により、これまで以上に簡単で経済的なソリューションが実現されても、私たちはブロンズ製のダイスを使用し続け、この加工方法を守ってきました。なぜならば、自然な粗さを実現し、多孔質ですべてのソースをしっかり絡ませるパスタを作るには不可欠だからです。
乾燥

最新技術と当社の名前

その昔、パスタは天日干しされていました。しかし、それは温度が不安定で、なによりも衛生上、良くありませんでした。そこで、1889年、最初の人工熱風乾燥システムを開発したのが、創業者フィリッポ・ジョヴァンニ・ディ・チェコだったのです。ディ・チェコ創設者が作り出したこの歴史的な技術は、現在、イタリア百科事典にも記載されています。
乾燥

低温でのじっくり乾燥

こうすることで小麦の食感を残し、さらに私たちのパスタの栄養価を高めることができるのです。パスタの種類によっては実に40時間もかけて乾燥させているのです。