Orecchiette n° 91

ストラシカティやストラシナティとも呼ばれるオレッキエッテパスタは、プーリア州の郷土料理伝統のパスタです。丸く、中央が少しへこんでいる形が特徴です。 パスタを手作りする伝統が残るプーリア州では、このオレッキエッテは小麦粉とデュラム小麦のセモリナ粉とお水で作られており、パスタを小さく切り分けたら、まずはナイフの先端でパスタを「引きずる」ようにして貝殻のような形にしたら、これを親指の先端でひっくり返して作られています。 プーリア州の伝統のレシピでは、オレッキエッテはブロッコリーやじゃがいもと一緒に茹でて、トマトソースとペコリーノチーズやニンニクとオリーブオイルを合わせて食べられています。 このパスタは「レッキエ」としても知られており、お野菜のラグーソースやラム肉とリコッタチーズのラグーソースとの相性は抜群です。 500 gパッケージをご用意しています。

  • 茹で具合 : 茹で具合 11 分 min - Al dente: アルデンテ 9 分 min
Orecchiette n° 91
play

私たちのメソッド

小麦を挽く工程から皆様の食卓まで、すべての工程に気配り、ていねいさ、経験、そしてクオリティを込めました

小麦の精選

最高品質の原材料を選ぶことは、特別なパスタを作るための最も重要な第一歩です。
grano

挽砕

ニコラ・ディ・チェコが自分の粉ひき小屋で「この地方で最高の小麦粉」を生産していた1831年から約2世紀の間、私たちは製粉業者として事業を展開してきました。現在のなお、パスタ製造工場のすぐ隣の製粉工場で小麦の挽砕を行っており、常にいい香りに包まれています。
molitura

生地の生成

「清らかな水」と「15℃以下での生地生成」が、原材料をより引き立てるパスタを作り出すキーワードです。
impastamento

成型

ダイスによってパスタが成形されるのであれば、さまざまなパスタソースに絡む独特な多孔質をパスタにもたらすのはブロンズの仕事です。これが、私たちが受け継ぎ、守り続けられるべき方法として選んだ方法のひとつです。誇り高く
trafilatura

乾燥

私たちのパスタのもうひとつの秘密は、時間をかけたゆっくり乾燥と低温です。小麦の触感をそのままに残すことができます。
essiccazione



それはまたあなたに興味があるかもしれません

Capellini n° 9

その名前から軽やかなイメージのカペッリーニパスタの起源に関しては、ジェノヴァとナポリとチョチャーリアがそれぞれ名乗りを上げています。数あるロングパスタの中でも特に細いパスタです。 カッペッリーニという名前からもその細さを感じ取ることのできるこのパスタは、大人の食事に慣れさせる最初の一歩として、9か月以降の子供にも推奨されています。 この形のパスタにはとてもシンプルなソースがお勧めです。バターとチーズや溶かしバターとセージとチーズなど、バターをベースとしたソースとの相性がとてもいいパスタです。また、卵をベースとしたソースや生の新鮮なトマトを合わせたソースとも美味しくお召し上がりいただけます。その他、シンプルで軽いブイヨンスープにこのカッペッリーニを入れて食べる事もあります。さらに、ブイヨンスープやパスタ料理として以外にも、このパスタはナポリではパイにも使用されます。 500 gパッケージをご用意しています。
もっと知る